2007年10月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      

2005年11月15日

北京飯店に到着!お迎えしました

B館のエントランスホールに横付けした黒のリムジンの後方のドアから、ついにヨンジュンシが姿を現した!あのワイルドな姿から一変して(お髭のお顔見たかったなあ)サラサラヘアにふっくらつるつる!10才若返った青年のよう。17才の淡徳王子を見た!2メートル近い大男たちが立ちはだかり、彼に覆いかぶさるようにしてこの微笑みの2秒後からは彼はまともに歩けなかった。玄関ホールから正面階段、その右側のプレジデンシャルスィート専用エレベーターまでSP、中国工作員のスタッフパスを下げたキャップ帽のいかつい大男達が立ち並ぶファン、マスコミカメラ記者達の中に道を作っているがロープも貼っていない状況の中整然と待っていた中国、韓国、日本家族達。あと5キロ、3キロ、あと1分と情報が入りドキドキしながら待ち構える中、黒のリムジンが北京飯店の門をくぐった途端工作員の大男達が一済にファンの前に踊り出て壁になった。この状況で一般のタクシーと乗用車の二台がのんきに停車!そのあとにリムジンがー、工作員が早く出ろ!と二台の 運転手を急かせる、それも血相変えて車をバンバンと二回叩きながら怒鳴りあたりは緊迫した空気に。他国の国家元首をテロから守る警備体制のようで驚いた。動いたはずのタクシーが又止まり乗用車は中心から動けない!後方のリムジンも3メートル手前から入れない。今度はタクシーの運転手に怒鳴り、渋々ゆるやかな坂を降りて行った・やっとリムジンが玄関正面定位置にストップ。騒然とした空気の中SP、マネージャーがなかなかドアを開けない。私は工作員の肩ごしにニィハオ!笑顔でお迎えしていました、真ん中のガラスに向かって。そうしたらその後ろのシートにホ・ジノ監督と座ってらしたんだと後で分かった。3分後やっとドアを開けてくれ、ヨンジュンシが立ち上がった途端中からキャアー、ワーッと悲鳴が。2秒後玄関に向いていた彼が左手のこちらを向いて満面の笑みを送って下さった瞬間だ!緊張してドアが開いた瞬間からピデオは写っていないし携帯もだめだったろうとあきらめていたがしばらくして画像がそのまま止まっているのを発見!ああノムノムキッポッソ ヨー!車の反対側からTちゃんがしっかりビデオに収めていたとは、快挙だ!記者会見待ちの時中国家族に囲まれて何度も何度もその貴重な映像を見せてあげていたが、それを日本のテレビ局のカメラが撮っていた。工作員の大きな肩ごしに赤シャツでカメラを抱えているのがキム君、ソウル芸大写真科卒のプロカメラマンだ。このあと記者会見で素晴らしいヨンジュンシをたっふりカメラに収めていた。お見送りの際も中国家族の喜び、感涙の姿に胸打たれ、Congratulations! Thank you!抱きついてくる若い家族の顔は涙でくしゃくしゃ、しっかり抱きしめた。ウォ・アイ・ニー!ペィヨンジュン!この場でも特別試写会場でも共に唱和した。どんなに長い間彼を待ち焦がれていたことかー中国家族の想いに、今思い出しても涙が溢れて止まらない。本当に良かったね、お祝いに駆け付けた甲斐があった。アジア中の家族が北京に集合してヨンジュンシと心をひとつにした、奇跡に近いことだった。中国モンゴルの民からも愛された淡徳王を演じる彼がす でに愛の力で両国のみならず、日本アジア中を制覇している現実に今回の訪中の大きな意義を感じた。ぺ・ヨンジュンは永遠不滅だ!
投稿者 i-mode : 2005年11月15日 15:14
皆様からのコメント
コメントを投稿する









左記の設定を自分のブラウザに記憶させる?