2007年10月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      

2006年01月04日

男はヨンジュン女はユンソッファ

見目麗しいそぬ方はとてもチャーミングで乙女のように可愛いらしい方でした。目が合った瞬間、涙が溢れてきた・・こんなことはウリ王子の他には・・自分でも驚いた。オーラに包まれて癒されているようだった。握手し、最後にハグして下さった感動を忘れない。You are so sweet! 感激している私たちにそうおっしゃって。同行して別府にお迎えに参りましたと通訳をかってくれたドンイル氏も彼女の素晴らしさに圧倒されていた。かおるちゃんの着物姿を大変喜んで下さった!周囲の心配を押し切って、ハイ、このために着てきた甲斐がありました。皆さんご心配をおかけしました。今月16日17日に記者会見、ビーコン下見打ち合わせのため別府にみえますよ!本番は3月16日17日フィルハーモニアホールにてチャリティー公演一人芝居「娘に送る手紙」ヨロブン キダリセヨ! すべてホッシーのおかげで楽屋でお会いでき、言葉を交わし、握手、ハグまでできました。「永い別れ」の内容を翻訳したものをfaxしてもらっ ていたが、チケット売り場で名乗ると日本語で要約したものを渡された上、三人は招待されてしまった!企画マネージャーのJeonさんが現れ、歓迎して下さったので大変有り難かった。ノムノムキッポッソヨ!劇場のある地下へ。半円形の小劇場、わずか百数十人の観客が囲む、俳優の息づかいを目の当たりにできる贅沢な空間だ。クリスマスイヴのマチネに満席。ユン・ソッファさんの演技に韓国の方たちは男女を問わず涙を拭いていた。具体的な台詞は分からないがタンシン、タンシネと17歳の若さで謀略により王位を奪われ、永渡橋で二人は引き裂かれ、命を断たれた夫へ語りかける死期を目前にした皇后の想いに、只ただ涙がこぼれた。最後に18歳の幸せな絢爛豪華な皇后の回想シーン、かわいい声で初々しい、王を愛してやまぬ美しい微笑みに観客は救われた。素晴らしい舞台だった。みんなに見せてあげたい!カーテンコールで第一声が・・控え目に「Merry Christmas!」
投稿者 i-mode : 2006年01月04日 13:03
皆様からのコメント
コメントを投稿する









左記の設定を自分のブラウザに記憶させる?