2007年10月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      

2006年11月12日

やぱり原点は冬ソナ by m0041様

まぁ、思わずうっとり・・・目を止めてしまいました。 Mieさん、本当になんて素敵なコラージュなんでしょう〜心が温かくなりますね。ち びヨン様曰く 「ふわふわの二人を見て,寒くなった秋の夜長を少し暖めて頂けたら、コレ幸いで す。 よろしかったら、今晩のあなたの夢のお供に・・。」

まだ、ご存知ない方のために・・秋の夜長にプレゼントを差し上げましょう!
Mieさんが、m0041様の力作を掲示板にUPして下さってます。
チュンサン、ミニョン、そして再びチュンサンの切なく,美しい心に触れてくださ
い。映像がUPで鮮やかに甦ってくる〜
もうひとつの冬のソナタ〜あなたの心の中で逢えますよ。
掲示板No、5931〜初めからご覧になれます。
My inmost thoughts
 〜ユジンへ〜
つづき14話から20話まで一挙にアップしました。
忙しいお仕事の合間を縫って、m0041様が画像と共に送ってくださいましたので、
アップしました。
是非、「冬のソナタ」に世界に漂ってください。


投稿者 i-mode : 2006年11月12日 19:04
皆様からのコメント

びびびっくりしましたぁ(ーー;)
こんなに大きくupされて…
もう…恐縮です

Posted by: m0041(^_^;) : 2006年11月12日 19:56

m0041さん、はじめまして。
どっぷりたっぷりと浸らしてもらっています。
恐縮なんて。。。とんでもない。

切なく美しくそしてまた言えない心の言葉がほんとにカンジュンさんの気持ちを、痛みをまた感じています。
あ〜〜切ない・・。
でもほんとに素晴らしいですね。
チョンマル カムサハムニダ。
そして教えてくれたMieさん、チョンマル コマウォ〜。

Posted by: maki : 2006年11月12日 20:30

ちびヨンさま、ミアネヨ〜びっくりさせてしまって〜
だってあんまり素敵なんだもん、みんなに見せちゃう!

makiちゃん、あなたは誰よりもカン・ジュンサンの、ユジンの気持ちが分かる人ですね。
高校時代の初恋の思い出。
あなたの彼は、あなたのためにいつもいつもピアノを弾いてくれた、お部屋で、練習室で、そしてステージの上で!
見守るmakiちゃん。そんな彼の想いがひしひしと伝わってきた時、あなたは感動して泣きそうになるのを必死にこらえていた。
冬ソナに出会った時の衝撃!チュンサンを見て驚いたことでしょう、忘れ得ぬ初恋の思い出がまざまざと甦ってきて、昔の二人の姿がチュンサンとユジンに重なった。
私たちに比べ、その喜びも痛みもより深く胸に落ちたことだろうと思います。

でも幸せよ〜makiしゃん、一生大切にして下さいね。
あなたのカン・ジュンサンの想い出を、
あなただけの冬のソナタを〜。

あぁ、ばらしちゃった〜いいなぁ、makiしゃん!

Posted by: Miss.Paddington : 2006年11月12日 23:23

あら〜ばらされちゃって、ジャジャジャジャ〜ン。

ムンロニジョ〜ピョンセン イッチ アヌルッケ
(勿論よ 一生 忘れないよ)
チェイル ソジュンハン キオギニカ・・・
(一番 大切な 記憶だから・・・) 

Posted by: maki : 2006年11月13日 22:20

素晴らしい・・感動しました。
makiしゃんのチュンサン、ビョンセン イチマセヨ〜
二人の初恋は永遠に、二人の心の中で生き続けるのです。

makiしゃんはユジン、ユジンはmakiしゃんだったのか・・
ハングル、ユジンの声が聞こえてきた・・お顔はmakiしゃんだのに〜

Posted by: Miss.Paddington : 2006年11月14日 00:08
コメントを投稿する









左記の設定を自分のブラウザに記憶させる?