2007年10月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      

2007年03月17日

花も色褪せるこの輝きに魅せられて・・・

先日数年ぶりに来られた紅茶のお客様が・・・まぁ、こんなに美しいなんて。。。7 5歳の私がこんなにドキドキするなんて、 信じられません。MIRAの全身ポスターのお顔に釘付け・・・この世の人とは思え ない・・・!とおっしゃって頬を紅潮させてらっしゃいました。私もそのポスターを 初めて見たとき、声が出なかったのを思い出した。〜二十歳の頃学生寮の友人の部屋 で、何気に取った美術の本で出会ったある菩薩像。どうしようもなく惹かれ、1年後 奈良まで本物に会いに行き対面し、深い感動を覚えた青春の思い出。〜ヨンジュンさ んのアルカイックスマイルに衝撃を覚えた・・・正に、あの中宮寺の弥勒菩薩に重 なったのだった・・・。そして去年韓国へ。ソウルの国立中央博物館、2度目の訪問 でやっと念願叶い、本家の弥勒菩薩像にお目にかかれた。国の重要文化財として暗い 特別室の中でライトアップされた弥勒菩薩像。静かに微笑んでいた・・・悠久の歴史 の中で人々を慈しみ、慈愛の光を放ち続けている。たおやかな中宮寺の弥勒菩薩に比 べ、力強さを感じた。

是非一度リニューアルした近代的で美しい、世界で6番目に大きな博物館に足を運ん
で下さい。1階の高句麗室では、焼き物、刀剣、楽器、勾玉のネックレス等、文明の
豊かさに触れることができます。圧巻は別室の四神図、四方の壁一面に、東の青龍、
北の玄武、西の白虎、南の朱雀、その見事なまでの壁画の素晴らしさに圧倒されまし
た。1500年前!当時の画匠の卓越した技法、迫力に魂を感じた。そしてウリ王子
が高句麗19代目の広開土大王になることに想いを馳せていました。


投稿者 i-mode : 2007年03月17日 15:13
皆様からのコメント
コメントを投稿する









左記の設定を自分のブラウザに記憶させる?