2011年06月       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    

2011年06月16日

韓国 ヘルニア最新治療法に脚光!

20110614-7[1].jpg

祈る。。。ウリ王子のヘルニアに希望の光が!


韓国公式67835 [メディカルトゥデイ]手術なしでモクディスク完治・・・(ヨンジュン様が見ればという記事)秋女7:34:48 234

手術なしでモクディスク完治・・・'ス核整形術'痛み改善卓越2011-06-13 15:35:00

ボラメ病院性格は教授、対韓痛み学会誌‘頚椎ス核整形術’研究結果発表

[メディカルトゥデイ ヤン・ヘイン記者]

#高校生海苔某君(19才)はこの頃机で勉強するのが一層楽になった。 1年超えて持続した首椎間板ヘルニアが消えたため。

磁気共鳴映像(MRI)等で精密検査を受けた結果結果4度で5回目、6度で7回目間ディスクが突出して神経を押してできた‘頚椎ディスク中心性脱出症(証)’が診断された。

結局キム某君は手術による学業空白が敵は‘頚椎ス核整形術’を受けたし3日後長い間の痛みから抜け出すことができた。

これのように首椎間板ヘルニア患者に手術の代わりにディスク核に行く注射針を挿入してディスク分子を分解させて神経穴を広めてあげるいわゆる'ディスク
ス核整形術'が痛み改善に卓越するという臨床研究結果が発表されて今後手軽な首椎間板ヘルニア治療法で脚光を浴びる展望だ。

ディスク ス核整形術は2000年米国で脊椎ディスク治療法で開発された以後我が国も広く施行されてきたが頚椎患者に対するス核整形術は2003年米国で開発された後国内では2007年ソウル大病院で運営するソウル市ボラメ病院に初めて導入された。

特にソウル大ボラメ病院は以後最近まで数
十人の患者にこの手術技法を適用したが最近手術患者22人の治療結果を分析して対韓痛み学会誌に発表したと13日明らかにした。

ソウル大ボラメ病院痛みセンター性格は教授が発表した今回の臨床研究論文は2008年3月から2009年12月までボラメ病院痛みセンターで頚椎ス核整形術を手術受けた22人の患者を対象に効果を分析したことなのに平均痛み数値が9.3で手術1ヶ月後3.7で減少したし6ヶ月の後3.4でさらに低くなったことが確認されて頚椎ス核整形術の効果が統計で立証された

また、17人の患者が手術結果に対して良かったりとても良いで評価77.3%の高い満足度を見せた。

特に頚椎ス核整形術は比較的簡単で安全な手術法で現在まで知らされた深刻な副作用はない。

腰椎の場合、ディスクの大きさに比べて除去される領域が小さくて効果が落ちて適応症が狭いという短所がある反面頚椎の場合は相対的に適応症が非常に広い。

これと関連して性格は教授は“首の前側面を通じて手術をすることになるので神経や血管、企画(祈祷)、甲状腺などの主要構造物をケガする危険があって0小さい部位に正確に位置させなければならない難易度が高い手術であるから経験が豊富な専門医に手術受けた方が良い”と説明した。

手術対象は▲首痛みと等で伸びる痛み▲慢性頚椎(原因)性頭痛▲八、肩、指などで痛みとしびれを訴える相地放射筒▲磁気共鳴映像(MRI)内在性ディスク脱出症(証)▲神経遮断術など非手術的治療に3ヶ月以上反応しない場合▲首脳(頂上、正常)ディスク高さの1/2以上維持される場合だ。

ディスクがさく烈して他で移動した場合には施行が不可能で、古くなって骨化された退行性ディスクや首脳(頂上、正常)ディスクの1/2以下の高さの場合は施行は可能だが効果が微小だ。

これに対してシム教授は“手術後には安全のために2〜4週間頚椎補助期を着用して無理な運動や活動は1〜2ヶ月自制した方が良い”として“普段腰をまっすぐに伸ばしてあごを胸側に引いた姿勢を維持して長時間コンピュータをする時には中間に首と肩の硬直した筋肉をほぐすためのストレッチングをしてこそ首椎間板ヘルニアを予防することができる”と話した。

また、彼は“70%の首椎間板ヘルニア患者は保存療法で治療が可能なので頚椎ス核整形術は3ヶ月以上の治療にも好転しない時施行することが望ましい”と加わった。

一方シム教授の今回の論文は'首椎間板ヘルニア患者での頚椎ス核整形術:22人患者の後香り敵臨床研究'という題名で3月対韓痛み学会誌にのせられた。

メディカルトゥデイ ヤン・ヘイン記者(lovely@mdtoday.co.kr)

投稿者 i-mode : 2011年06月16日 19:35