2011年07月           1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31            

2011年07月23日

ゴールデンコンビで^^

jiwoo13_L[1].jpg

冬ソナのユジンの笑顔は最高。長い時を超えて、TYOドームの二人並んだ姿はあらゆる共演者の中で、やはり一番自然だった。チングは、安心して見ていられると言う。世界中が待ち侘びるゴールデンカップルかもしれない。インタビューに答え、息が合うのでいい作品があれば共演したいと言っていたチェ・ジウ。ウリ王子は言葉にしなかったけど言わずもがな。アニメに誘い、Weddingまで撮り冬ソナを完結させたのだから、彼が一番分かっている。世界中の家族が納得する相手役に異存はない。次回作は来年上半期ドラマ放送とか。以前雑誌でペ・ヨンジュン相手役候補としてトンイの主役を含む数人の女優の名前が上がっていたが、どれもピンとくる女優はいなかった。冬ソナ共演から12年、大人のラブロマンスの王道を行ってくれたらと思う。もしも実現したら歴史に残る素晴らしい作品になるに違いない。ウリ王子39歳のカリスマの輝きを永遠の作品に残してほしい!家族の切なる願いだ。祈。

チェ・ジウ、「親しみやすい笑顔」が韓流スターの座キープの秘訣

2011-07-16 00:06:40

 最近、ネット上ではチェ・ジウの「親しみやすい笑顔」が話題だ。

 主要ポータルサイトやコミュニティサイトで、「チェ・ジウの親しみやすい笑顔」というタイトルに関連する写真が掲載された。話題の写真は、チェ・ジウの公式ファンサイトを通じて公開されたもの。韓国KBSの「1泊2日」チームからバースデーケーキと花かごをもらったときの記念ショットだ。

 「1泊2日」の製作陣は、女優特集がきっかけで縁ができ、チェ・ジウの誕生日にバースデーケーキと花かごをプレゼントした。きれいでおいしそうなケーキの前でポーズをとっているチェ・ジウ。バラの花かごには「最高の女優ジウ姫、お誕生日おめでとうございます」というメッセージが添えられている。

 これを見たネットユーザーらは「気さくで飾り気のないチェ・ジウの姿に一票」、「親しみやすい笑顔が印象的。人間味が感じられるお姫様」、「チェ・ジウの親しみやすい笑顔は、見る者を温かい気持ちにさせるプレゼント」、「純粋な笑顔がとても美しいです」といった反応を見せている。

 これに関してWスタイル歯科のノ・ウォンジョン院長は、「韓国訪問の年委員会が、韓国訪問の年(2010〜2012年)の期間に『大韓民国を代表する笑顔』としてチェ・ジウさんを選びました。いつも前向きに明るく微笑むチェ・ジウさんの笑顔が、人々と国家ブランドに良い影響を与えるからです。社会的にも好感のもてる外見に対する重要性が高まり、明るい笑顔は競争力になっています。様々な役を消化しなければならないチェ・ジウさんと同じ俳優や、人々皆にとって、親しみやすい笑顔には好感度を上げる重要な役割があります」と語った。

 人々の反応に敏感な広告業界でも、「チェ・ジウさんは日本や中華圏でも愛される長寿韓流スターです。以前、ある免税店で製作した広告のミュージックビデオで、チェ・ジウさんは男性スターと一緒に出演して注目を集めていました。彼女の人気が長く続く秘訣は、人間味を見せるスターだという点でしょう」と評価した。

 チェ・ジウ、ソン・スンホン、ビッグバン、2PM、ヒョンビン、チャン・グンソク、JYJ、キム・ヒョンジュンなどは、ロッテ免税店のCMソング「So
I’m loving you」Ver.2のミュージックビデオに出演した。このビデオは、「買い物中毒のワンダーランド(Shopper’s
Wonderland)」というコンセプトで企画。チェ・ジウは、ソン・スンホンと一緒に「美女と野獣」のコンセプトを演じた。

 ロッテ免税店マーケティングチームの広報担当ナム・グンヒ氏は、「2011年5月29日にCMソングのミュージックビデオをユーチューブで一時的に公開していましたが、3日間の動画再生回数が、実に18万回を記録しました。今回のミュージックビデオを通じ、ブランド、観光、エンターテイメントを結合したロッテ免税店ならではのエンターテイメントマーケティングをますます促進していきます」と伝えた。

 一方チェ・ジウは、韓国MBCの水・木ドラマ「オレのことスキでしょ」(邦題:君は僕に恋をした)の次に放送されるドラマで8月末からスタートする「負けては生きていけない(仮題)」を復帰作に選んだ。

 チェ・ジウは、しっかり者で明るく愛らしい女弁護士ウンジェ役を演じる。これまで、おもに清純可憐なキャラクターを演じてきたが、新ドラマでは生活力と能力のある女弁護士というキャラクターだ。このキャラクターをどのように消化するのか、期待がかかる。(翻訳:萩庭雅美)
.※この記事は韓国の「財経日報」提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

投稿者 i-mode : 2011年07月23日 12:18