2012年06月           1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2012年06月16日

ヤンさん^^インタビュー!

韓国公式71363 [enews24]キーイーストヤングンファン代表は、 "ペヨンジュン会ったのは幸運。多く学んで" [3]秋女2012.06.15 163


[韓流フロンティア]キーイーストヤングンファン代表は、 "ペヨンジュン会ったのは幸運。多く学んで"
enews24原文記事送信2012-06-15 08:05

[enews24オミジョン記者]韓流スターペヨンジュンのファンにキーイーストヤングンファン代表は、非常に身近な人である。ペヨンジュンがドラマ
"冬のソナタ"の成功で、アジア超特急韓流スターになった2000年代初頭から両代表は、常に至近距離でペヨンジュンをマネジメントしている。ペヨンジュンがいる所には常に両代表があった。

ヤン代表はペヨンジュンの成功と一緒に自分も成長していった。ペヨンジュンのマネージャーで今はペヨンジュンが大株主であるエンターテイメント企業キーイーストの代表を務めている。キーイーストは現在俳優歌手のマネジメントだけでなく、コンテンツ制作にまで出ている。ヤン代表はキーイーストとJYPエンターテイメントと出資してCJメディアが投資して作ったドラマ製作会社惑い&CJメディアの代表職も務めている。この会社は、ドラマ
"ドリームハイ"と "ドリームハイ2"を製作した。

ペヨンジュンのマネージャーでスター製造機、コンテンツ制作者で韓流の先鋒に立っている両代表をenewsが創刊1周年を迎え進行する韓流フロンティアインタビューシリーズの最初のランナーに会った。


http://nimg.nate.com/orgImg/cj/2012/06/15/A120614_1.jpg


-2000年代初頭もしかしたら、本格的な韓流の開始を現場で直接目撃したマネジャーだ。当時の感じが気になる。

"一応不思議だった。その前になかった現象だったのである。そしてありがとうございました。当時は、その現象自体があまりにも不慣れで、この人気がどれくらい行くかも分からなかった。"冬のソナタ
"というコンテンツがあまりにも人気があって韓国に関心を持つことだったので、ドラマの人気が低下すると、韓国への関心も式に見えた。しかし、今考えてみれば間違った考えだった。
"

- 当時、海外でペヨンジュンの人気が多少誇張されたではないかと考えた。 2004年ペヨンジュンが
"冬のソナタ"で人気を得た後初めて日本に行く時を覚えている。本当に数千人の日本ファンたちが空港に集まって、日本の羽田空港がまひした。シンゴンハンイン成田空港ではなく、狭いグゴンハン羽田でペヨンジュンが入国して、安全事故を懸念されたものと記憶される。写真で見る私も不思議し実感がわかなかった。当時の気持ちはどうだったか。

"大変だった。私は当時、一日先に日本に来て準備をしていた。日本での人気を実感できた。当日空港に行こう5〜6000人のファンが出ていた。放送局のヘリコプターが浮かんでペヨンジュンが空港からホテルへ行く道中継し、空港から高速道路に進入するまでの道両側にファンがタイ旗を手に立っていた。信じられなかった。特にマネージャー私にまで芸能人に対するようにすることを見て驚いた。韓国と情緒が違うことを感じた。ファンがまだ私まで面倒を見ておられます。数年前私は結婚をし子供も産んだ子供服
用意し送信していただくほどだ。長い時間ペヨンジュンと一緒に見るともっとあるようだ。 "

- 当時の状況についてペヨンジュンはどんな感じを受けたか。

"不思議と感謝していなかったと思う。"

- 日本を行き来しながら記憶に残る瞬間があったか。

"阻止線が崩れて危険な状況に置かれたこともあったし、ペヨンジュン氏の代わりに私が行ったイベントで、スターでもない私がサインを300枚もしてくれてきたこともあったので、俳優がどれだけ大変な地図が分かった。また、現地の状況知らない生じた様々な人々も記憶に残る。詐欺師もいて、苦労もした。

- 詐欺師の話が出てきてですね、爆発的な人気がございすることもしたが難しい点もあったようだ。前例のない海外での活動と誰かにアドバイスを求めるも容易ではなかろう。

"日本市場を理解するのに時間がちょっとかかった。当時の日本の市場をよく知っている人もいなかった。日本のパートナーとのビジネス関連の話をするときは通訳を二人置いた。ダブルチェックをするためだった。エージェントが、私たちに提案したことについても、別のパスを使用して、再度チェックしました。正確に伝えるかどうか確認するためだった。
"

- 実際の被害に遭ったことはなかったか。

"幸いなことに被害はなかった。幸運にも、日本のパートナーをよく会った。広告撮影をする時にも電通のような日
本の大企業と一緒になってすぐに日本市場を理解することができる。"

- ペヨンジュンの海外ファンが多くなり、マネジメントの部分においても、悩みがあったようだ。

"多くはなかった。ペヨンジュンさんがあまりにも自分の管理が徹底した人であり、ファンに心から接した。ペヨンジュンさんがよくしてくれて心配することはなかった。私もペヨンジュンさんにたくさんのことを学んだ。マネジメントするスターとして、また型としてペヨンジュン氏は、学ぶ点が多い人だ。ペヨンジュンさんが序盤の人気を持続させて、今、韓流の象徴のような存在になったのはペヨンジュン氏の個人の力も大きかったと思います。
"

- ペヨンジュンさんはどんな努力をしたか。

"自分を愛してくれる人々に対する責任感が強かった。感謝の印もたくさんした。ペヨンジュンさんはファン層を維持するために計算をしたことがない。一例として、有料イベントのために日本に行ったことがない。イベントを行った会社が表売ったかもしれないが、単にお金をもうけるためのイベントのために日本に行ったことがないということだ。いつもドラマや映画を紹介する時、きっかけがあったとき、日本に行ったので、ファンミーティングではなかった。
"日本での活動にお金をたくさん儲けて、なぜそうなのか
"とかも知れんが、その次元ではない。日本を金儲けの市場だけを見なかったのだ。それでも有料イベントをしている芸能人をけなすのがありません。ペヨンジュンの行動が客観的に正しい、間違っているではなく、歌手がではなく、俳優であるペヨンジュン、しかも、日本のファンにあまりにも多くの愛を受けたペヨンジュンはそれが正しかったと思う。
"

- ところで一応ファンはペヨンジュンが活動をたくさんすることを最も望むはずなのにあまりにも活動がない。

"その点に対しては申し訳なく思っている。ドラマを中心に次期作を考えている。"

- ペヨンジュンと一緒に仕事をしたことについてどう思うか。

"幸運でボクイダ今の私に一人である。今も私が仕事をすることができるようにする原動力である。"

- ペヨンジュンと長い間一緒に仕事が出来た理由は何か。

"それはよく分からない。よく見てくれたようだ。"

- ペヨンジュンから始まった本格的な韓流が10年余りを迎えていく。ドラマで始まっ
た韓流がKポップで再び火がついた。今キーイーストを運営する代表者として韓流の未来をどう思うか。

"Kポップがこれほどに暴風の核になるとは思ってなかった。私のアルバムの方のマネジメントをしたのではないので、さらに分からなかった。本当にアルバムの力がすごいということを感じている。韓国のレコード製作者だけでなく、すべてのコンテンツの製作者たちがあまりにも優れており、そのうちにこの人気が持続しないかと思う。ペヨンジュンと一緒に初めて日本に行ったときにように韓流が持続するとは思わなかったが、今日に至ったのはすべて韓国メーカーの強さである。情熱的な人がいる限り、韓流が、しばらくは続くと考えている。初期の韓流を見守った人として責任感を多く感じるので、キーイーストを通じてスターを発掘し、良いコンテンツを作るために努力している。
"

- 最近日本で吹いている嫌韓流の雰囲気を考えては。

"残念だが、その現象は、一部の人々の間に発生したとみられる。一応ペヨンジュンのファンだけ見てもあまり変わりはない。という軽く考えているわけではないが、どの国でも他の国を排斥する人々ではないか。その次元とと思う。
"

- キーイーストには、現在俳優キムスヒョン、チュジフンなど俳優と歌手活動を並行しているキムヒョンジュンが所属しています。これらの将来の計画を知らせてくれたなら。

"キムスヒョンは、映画"泥棒たち
"の公開を控えている。比重が大きいことなかったが、チェドンフン監督と一緒に仕事をするということ自体が意味のあることだと思っていた。また、キムユンソクキムヘス、イジョンジェ、チョンジヒョンなど、いつこのような俳優たちとまた一緒にしようかと思う錚々たる俳優たちが総出動する。その点も意味が大きい。キムスヒョンは、次回作に映画
"秘密に偉大な"を決めておいた。8〜9月クランクイン予定だ。キムヒョンジュンはドラマ
"都市征伐"に出演を確定した。チュジフンは、ドラマ"五本指"に出演する。中華圏で韓国俳優の需要が多く、それに対する計画も立てている。 "

-MBC "偉大な誕生"出身の権利歳のアイドルグループで、キーイーストを使用してデビューする予定だ。アルバムマネジメントプランニングとは何か。

"アルバムはもう始まっている段階なので何とも話をするのが難しい。基本的に韓国で認められているコンテンツを作成する必要がという考えだ。その後に、海外進出の計画が立てられる。国内市場での基礎工事が重要である。"

- コンテンツ制作部門での計画は。

"良い作品があれば制作と投資をしていく計画である。今後、キーイーストはトータルエンターテインメント企業として成長することを目的としている。責任感を持って努力している。"

- アジアの他地域への進出の計画もある。

"韓流の領域はさらに拡大すると考えられる。それに応じて機会も多くなるだろう。機会があれば、複数の国に進出する考えだ。キーイーストの俳優たちが南米にも行って中東にも行くような時代が来ないかと思う。過去に全く想像できないことが今行われていないか、これからも今想像できないことが繰り広げられることがある。
"

- 持続可能な韓流のためのエンターテインメント産業全般がどのような努力を傾けなければと考えるか。

"メーカーの場合、コンテンツの質の向上のための悩みを絶えずすべきものだ。そしてマスコミや政府も力を加えてほしい。海外活動のため出国する芸能人たちのためのビザの問題など、実質的な問題について、政府が一緒に悩みをしてほしい。国益に役立つ仕事をしている大衆文化人たちに、好みではなく、制度的な配慮を少ししてくれたら良いということだ。また、文化産業が政治的に利用されていない場合である。特にメディアは、韓中、日韓間の政治的問題が発生した場合、刺激的な話題を投げて葛藤を誘導しないでほしいです。という大衆文化の人々が民族意識がないのではない、ただの文化交流の仕事をしているだけに、視線を別の方法でしていただきたいということだ。という間違ったことについても話をしないでくれというのではない。誤ったことについては、指摘をするが、事件事故ではなく、視覚の問題点については肯定的な視線を持ってくださったら良いだろう。
"

- 実際、海外でぶつかってマネジメントをするだけ肌に触れる問題が多いようだ。

"そうだ。マスコミが、さらに大衆文化に関心を持っている多くの方々が結果ではなく、過程も一回ぐらいは関心を持っていただきたい。エンターテインメント企業がどのように苦労し、海外に出にくく活動しているかだ。結果は派手しかし、その華やかな結果を作るために多くの人々の努力をしています。韓流が人気を得て、旅行業など関連産業への波及を与えている。そんな点も注意深く見ていただければ感謝のようだ。
"

- 会社の計画ではなく、個人的な今後の開発計画は?

"私の計画が最終的に会社の計画である。俳優たちが、良質なコンテンツに参加できるように熱心に管理して助力するだろう、そして、キーイーストをよく育てていく。"

写真提供=キーイースト

オミジョン記者omj0206@enews24.ne


71363 [enews24]キーイースト ヤン・クンファン代表、"ペ・ヨンジュン会ったのは幸運. 多いこと習って" [3]秋女2012.06.15 163


[韓流フロンティア]キーイースト ヤン・クンファン代表、"ペ・ヨンジュン会ったのは幸運.
多いこと習って"enews24原文記事転送2012-06-15 08:05

[enews24オ・ミジョン記者]韓流スターペ・ヨンジュンのファンらにキーイースト ヤン・クンファン代表は非常になじんだ人だ。
ペ・ヨンジュンがドラマ'冬のソナタ'の成功でアジア超特急韓流スターになった2000年代初期からヤン代表は常に至近距離でペ・ヨンジュンをマネジメントした。
ペ・ヨンジュンがいる所には常にヤン代表がいた。

ヤン代表はペ・ヨンジュンの成功と共に自身も成長していった。
ペ・ヨンジュンのマネジャーで今はペ・ヨンジュンが大株主であるエンターテインメント会社キーイーストの代表職をひきうけている。
キーイーストは現在の演技者歌手のマネジメントだけでなくコンテンツ製作にまで出ている。
ヤン代表はキーイーストとJYPエンターテインメントと出資してCJメディアが投資して作ったドラマ製作会社惹かれるということ&CJメディアの代表職も受け持っている。
この会社はドラマ'ドリームハイ'と'ドリームハイ2'を製作した。

ペ・ヨンジュンのマネジャーでスター製造機、コンテンツ製作者で韓流の先鋒に立っていているように代表をenewsが創刊1周年をむかえて進行する韓流フロンティア
インタビューシリーズの初めての走者で会った。


http://nimg.nate.com/orgImg/cj/2012/06/15/A120614_1.jpg


-2000年代初期別の見方をすれば本格的な韓流の開始を現場で直接目撃したマネジャーだ。 当時の感じが気になる。

"ひとまず珍しかった。 その以前になかった現象だったためだ。 そして感謝した。
当時にはその現象自体がとても見慣れなくてこういう人気がどれくらい行くかもしれなかった。
'冬のソナタ'というコンテンツがあまりにも人気があって韓国に関心を持つようだった。
それでドラマ人気が冷めれば韓国に対する関心も冷めそうだった。 だが、今考えてみれば誤った考えだった。"

-当時海外でペ・ヨンジュンの人気が多少誇張されたことではないか考えた。
2004年ペ・ヨンジュンが'冬のソナタ'で人気を得た以後初めて日本に行く時が思い出す。
本当に数千人の日本ファンたちが空港に集まって日本、羽田空港が麻痺した。
新空港の成田空港でない狭い旧空港羽田でペ・ヨンジュンが入国しながら安全事故(思考)まで憂慮されたことで記憶される。
写真で見る私も珍しかったし実感しなかった。 当時の気持ちはどうだったか。

"すごかった。 私は当時一日先に日本にきて準備をしていた。 日本で人気を実感することができた。
当日空港に行くとすぐに5〜6000人のファンたちが出ていた。
放送会社ヘリコプターが浮かび上がってペ・ヨンジュンが空港からホテルに行く道を中継したし、空港で高速道路に進入するまでの再び両側にファンたちが太極旗を持って立っていた。
信じられなかった。 特にマネジャーの私にまで芸能人対するようにという見て驚いた。 韓国と情緒が違うということを感じた。
ファンたちがまだ私まで用意される。 何年か前私は結婚をして子供も産んだが子供たち服も取りまとめて送るほどだ。
長時間ペ・ヨンジュンと一緒にして見たらより一層そのようだ。"

-当時の状況に対してペ・ヨンジュンはどんな感じを受けたか。

"珍しくて感謝しなかったと思う。"

-日本を行き来して記憶に残る瞬間があったか。

"阻止線が崩れて危険な状況に置かれたこともあったし、ペ・ヨンジュン氏の代わりに私が行った行事でスターでもない私がサインを300枚もして来たこともあった。
それで俳優がどれくらい大変かも知ることになった。 また、現地状況分からなくてできた色々なこれらも記憶に残る。 詐欺師らもあって苦労もした。

-詐欺師話が出て話なのに、爆発的な人気が感謝したりもしたが難しい点もあったようだ。 前例がない海外活動だと誰かに助言を求めにくくてウルテンデ.

"日本市場を理解するのに時間が多少かかった。 当時日本市場をよく知っている人もなかった。
日本パートナーと事業関連話をするときは通訳を二人を置いた。 ダブル チェキンを下記ためであった。
エージェントが私たちに提案したことに対しても他の経路を通じてまたチェックした。 正確に伝えられたのか確認するためであった。"

-実際被害にあったことはなかったか。

"幸いにも被害はなかった。 運が良くも日本パートナーによく会った。
広告撮影をする時にも電通のような日本の大型会社とともにすることになりはやく日本市場を理解することができた。"

-ペ・ヨンジュンの海外ファンたちが多くなりながらマネジメントの部分にも悩みがあったようだ。

"多くはなかった。 ペ・ヨンジュン氏があまりにも自分の管理が徹底した人で、ファンたちに心より対した。
ペ・ヨンジュン氏が良くしてくれて悩むことがなかった。 私もペ・ヨンジュン氏に多くのことを学んだ。
マネジメントするスターとして、また、兄としてペ・ヨンジュン氏は習う漸移多くの人だ。
ペ・ヨンジュン氏が序盤の人気を持続させて今韓流の象徴のような存在になったところにはペ・ヨンジュン氏個人の力も大きかったと考える。"

-ペ・ヨンジュン氏はどんな努力をしたか。

"自身を愛する人々に対する責任感が強かった。 感謝の表示もたくさんした。
ペ・ヨンジュン氏はペンドムを維持させるためにケサルルルしたことがない。 一例で有料行事のために日本に行ったことがない。
行事を進行した会社が票(表)を売ったかも知れないが単純に金を儲けるためのイベントのために日本に行ったことがないということだ。
常にドラマや映画を紹介する時、契機がある時日本に行った。 それでファンミーティングもしなかった。
'日本で他の活動でお金をたくさん儲けながらどうしたの'でするかも知れないがその次元でない。 日本を金儲け市場にだけ見なかったとのことだ。
それでも有料イベントをする芸能人をさげすむのではない。
ペ・ヨンジュンの行動が客観的に合う、違わなく歌手でなく俳優のペ・ヨンジュン、しかも日本ファンたちにとても多くの愛を受けたペ・ヨンジュンにはそれが合ったと考える。"

-ところでひとまずファンたちはペ・ヨンジュンが活動をたくさんするのを最も望むはずなのにとても活動がない。

"その点に対しては申し訳ないと考える。 ドラマ中心に次期作を考えている。"

-ペ・ヨンジュンと共に仕事をしたことに対してどう思うか。

"幸運で福だ。 今の私をあるようにした人だ。 今でも私が仕事をできるようにする原動力だ。"

-ペ・ヨンジュンと永らく共に仕事が出来た理由が何か.

"それはよく分からない。 よく見たようだ。"

-ペ・ヨンジュンから始まった本格的な韓流が10年余りをむかえて行く。 ドラマで始まった韓流がKポップを通じてまた火がついた。
今キーイーストを運営する代表として韓流の未来をどう思うか。

"Kポップがこの程度で暴風の核になるだろうと本当に分からなかった。 私がレコード側マネジメントをしたことでないのでより一層分からなかった。
本当にレコードの力がすごいということを感じている。
韓国のレコード製作者だけでなくすべてのコンテンツ製作者があまりにも優れてしばらくこの人気が持続しはしないかと思う。
ペ・ヨンジュンと共に初めて日本に行った時このように韓流が持続するとは思わなかった。 だが、今日に達したことはすべて韓国製作者らの力だ。
熱情的な人々がいる限り韓流がしばらくは続くことと考える。 草創期韓流を見守った人として責任感をたくさん感じる。
それでキーイーストを通じてスターを発掘して良いコンテンツを作るために努力している。"

-最近日本で吹いている嫌韓流の雰囲気に対する考えは。

"残念だ。 だが、その現象は一部の人々の間に発生したと見られる。 ひとまずペ・ヨンジュンのファンらだけ見ても星に変わることがない。
それでも軽いと考えるのではない。 だが、どこの国でも他の国を排斥する人々がいるのではないか。 その次元だと考える。"

-キーイーストには現在の俳優キム・スヒョン、チュ・ジフンなど俳優と歌手活動を併行しているキム・ヒョンジュンなどが属している。 これらの今後計画を知らせるならば。

"キム・スヒョンは映画'泥棒がはいる'封切りを控えている。
比重が大きいことはなかったがチェ・ドンフン監督と共に仕事をするということ自体が意味のあることだと考えた。
また、キム・ユンソク、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョンなどいつこういう俳優らとまた一緒にするかと思ったそうそうたる俳優が総出動する。
その点も意味が大きい。 キム・スヒョンは次期作で映画'隠密に偉大に'を決めておいた。 8〜9月クランクイン予定だ。
キム・ヒョンジュンはドラマ'都市征伐'出演を確定した。 チュ・ジフンはドラマ'五指'に出演する。
中華圏での韓国俳優需要が多くてそれに対する計画もたてている。"

-MBC '偉大な誕生'出身の権利傾向(税)がアイドル グループでキーイーストを通じてデビューする予定だ。 レコード マネジメント計画は何か.

"レコードはもう始める段階なので何と話すのが難しい。 基本的に韓国で認められるコンテンツを作らなければならないという考えだ。
その後に海外進出計画が立てられる。 国内市場での基礎工事が重要だ。"

-コンテンツ製作部門での計画は。

"良い作品があれば製作と投資をしていく計画だ。 今後キーイーストはトータル エンターテインメント企業に成長するのを目標にしている。 責任感を持って努力中だ。"

-アジア他地域進出に対する計画もあるか。

"韓流の領域はさらに拡大することと考える。 それ(彼)により機会もたくさんくるだろう。 機会になれば色々国に進出するつもりだ。
キーイーストの俳優が南米も行って中東も行くそのような時代がきはしないかと思う。
過去に全く想像できないことが今繰り広げられているのではないか。 今後も今想像できないことが繰り広げられることができる。"

-持続可能な韓流のためにエンターテインメント産業全般がどんな努力を傾けなければなければならないと考えるか。

"製作者の場合、コンテンツの敗れる向上に対する悩みを絶えるということなしでしなければならないようだ。
そして報道機関と政府も力を加えてくれたら良いだろう。
海外活動のために出国する芸能人のためのビザ問題など実質的な問題らに対して政府が共に悩んでくれれば良い。
国益に役に立つ仕事をする大衆文化人に、特典でなく制度的な配慮を少しだけしてくれたら良いということだ。
また、文化産業が政治的に利用されなければ良い。
特に言論は韓中、韓日の間の政治的問題が発生した時刺激的な話題を投げて葛藤を誘導しなければという風だ。
それでも大衆文化人が民族意識がないというのではない。 単に文化交流の仕事をするだけに、視線を違うようにしてくれたらと思うということだ。
それでも間違うことに対しても話さなくてくれというのではない。
間違ったことに対しては指摘をするものの、事件事故でない、見解の問題の事項に対しては肯定的な視線を持って下さったら良いだろう。"

-実際海外で体でぶつかってマネジメントをするだけに皮膚に届く困難が多いようだ。

"そうだ。 言論が、進んで大衆文化に関心を持っている多くの方々が結果でなく過程にも一回ぐらいは関心を持って下さればと思う。
エンターテインメント会社がどれくらい難しく海外に出て行って難しく活動するのか話だ。
結果は派手だがその派手な結果を作るために多くの人々が努力をしている。 韓流が人気を得ながら、旅行業など関連産業に波及を及ぼしている。
そうした点も注意深く見て下されば感謝するようだ。"

-会社の計画でない、個人的な今後計画は?

"私の計画が結局会社計画だ。 俳優が良いコンテンツに参加することができるように熱心に管理して助力するだろう。 そしてキーイーストをさらによく育てようとする。"

写真提供=キーイースト

オ・ミジョン記者omj0206@enews24.net


投稿者 i-mode : 2012年06月16日 23:29