2015年05月           1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31            

2015年04月30日

大陸本格始動開始!

Kさん、コマウォヨ〜

元祖韓流スター、ペ ヨンジュン」制作者として大陸攻略始動」

ペ ヨンジュンが製作者として、中国進出に向けた歩みを始めた。


1972年生まれのペ ヨンジュンは1994年にKBSドラマ「愛の挨拶」でデビューした後、「ホテリアー」、「愛の群像'、'初恋'、'裸足の青春」など数々のヒット作に出演した。ペ ヨンジュンの最高人気のきっかけは「冬のソナタ」である。

2002年KBSドラマ「冬のソナタで「ペ ヨンジュンは一躍アジアのスター'ヨン様'に浮上した。 しかし、「冬のソナタ」で日本韓流の頂点に上がって「ヨン様シンドローム」を率いていた彼は、8年前に出演した「太王四神記」を最後に、演技者としての活動を休んでいる。

代わりに、彼は選択された動きは、製作者であり事業者としての道である。
ペ ヨンジュンはドラマ「ドリームハイ」シリーズをはじめと現在の映画「監獄からの手紙」の制作を進めている。
特に今年3月から、自分が最大株主であるエンターテイメントサインキーイーストの経営に全面的に出た。ペ ヨンジュンはキーイーストの持分31.7%を保有している。 ペ ヨンジュンは2004年、BOFエンターテイメントを設立、1人企画会社を始めた。2010年正式名称をキーイーストに変更し、現在キーイーストは俳優キム スヒョン、キム ヒョンジュン、パク ソジュン、パク スジン、ソ イヒョンなどが所属する巨大企画会社となった。
ペ ヨンジュンの目的地は、「中国」である。
キーイースト所属の俳優キム スヒョンの人気のおかげで、キーイーストの株価はますます上昇している。
このような勢いでペ ヨンジュンのキーイーストは最近、中国のオンラインショッピングモール店」パンダコリアドットコム」と戦略的提携を締結した。ペ ヨンジュンは「パンダコリアドットコム」の2大株主になった。また、キーイーストは最近、中国のオンラインサービス事業者「ソフト ドットコム」と戦略的提携と資本誘致契約も締結した。
キーイーストは、直接放送コンテンツを制作して大陸に供給もする予定だ。
キーイーストは、中国の江蘇省の衛星TVと合作して
芸能番組を制作するとともに、
現地のドラマ制作会社のラムヘファイア兄弟エンターテイメントとドラマ12編を製作して江蘇省の衛星TVに供給する予定である。

関連業界はペ ヨンジュンの日本の韓流シンドロームに続いて
キム スヒョンが中華圏を揺るがした中でキーイーストが再び韓流の影響力を大陸に行使できるかどうかに注目している。

「星から来た君」の成功でペ ヨンジュンが保有する株式の評価額は325億ウォン以上増えたことが分かった。
キーイーストは、すでに韓流の先鋒であるペ ヨンジュンを介して、日本でシンドロームを起こし、莫大な収益を得た。
これで海外進出に特化されたノウハウをすでに確保している。
したがって、中国で移った韓流の舞台でもマネジメント部門で機知に富んだ格別だけでなく、コンテンツ事業でも拡張的な試みが可能だと専門家らは見ている。
ペ ヨンジュンは最近、中国江蘇TVとキーイーストが共同製作する中国韓流芸能「ダニー彩性」に出演した。
ドキュメンタリー芸能プログラム「ダニー彩性」は、
「星を訪ねた私たち」という意味で韓流スターらのインタビュー、ドラマ、エンターテインメント業界などを照明したプログラムである。
ペ ヨンジュンはキム スヒョンが出演した1回の様子をうかがわせた。
関連業界は「ダニー彩性」にペ ヨンジュンが出演したのは、彼の中国市場への進出の意志がどのようしっかりか確認できる傍証と伝えた。
今回の出演について「直接活動再開ではない」と線をひいたが、キム スヒョンを支援射撃するために出演したということ。
また、キーイーストは最近、中国版「私は歌手だ3 'に出演してシンドロームを起こした歌手'ドウォン」とマネジメント契約も結んだ。
ドウォンとペ ヨンジュンは親しいと知らされた。
ドウォンの中国内人気が天井知らずに急騰しているので、
それによる中国内でキーイーストの立地も上がることが期待されている。
演技者として、日本の韓流の最大頂点に上がったペ ヨンジュンが
製作者であり事業家として、中国で成功を収めるかに成り行きが注目されている。

投稿者 i-mode : 2015年04月30日 18:55