2009年07月       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

2009年06月29日

「漢江の夜明け」ウリ王子が漆で表現したらどんな作品に?もう創ってるかも!見た いわぁ。。。


投稿者 i-mode : 22:44 | コメント (0)

2009年06月28日

ウリ王子は颯爽と新聞に登場!無事にイ・ミョンバク大統領、麻生首相、首脳会談で 満面の笑み!よかったですね。ゴシレには?
投稿者 i-mode : 22:42 | コメント (0)

2009年06月27日

アニソナ収録風景、真剣です・・・ドキドキ・・・♪ イ・ミョンバク大統領の来日が延期になり?今回の大統領の高矢禮訪問は中止、ウリ 王子も、、、あぁ、残念!
投稿者 i-mode : 00:10 | コメント (0)

2009年06月26日

最高〜チョー、モシッソヨ〜!!うっとり・・・
投稿者 i-mode : 23:54 | コメント (0)

一瞬、ボ〜ッ!^^めったに見られないお顔ですね♪
投稿者 i-mode : 23:51 | コメント (0)

ハンディなファンをお顔に〜小さくてもメークが落ちないよう、汗を抑える効果があ りそうですね。大変です。
投稿者 i-mode : 23:51 | コメント (0)

一瞬を捉えた!チョンマr モシッソヨ〜〜ふぅ、、、
投稿者 i-mode : 23:51 | コメント (0)

2009年06月25日

素敵な表情を捉えています。ナイスショット!土にまみれた両手に惹かれますね〜〜 それにしても恐ろしく若い!ペンダントを背中に回して、、何て黒いセーターが似合 うんでしょう。初々しさが際立って・・・キレイ!はぁ、撃沈、、、
投稿者 i-mode : 22:13 | コメント (0)

お休み前のひとときをスタッフたちと過ごしたというテーブルとチェア。どのイス が お気に入りでしたか?一番右のイスですね?^^チンチャ?toshikoさんなら大当た り^^ 9月両日イベントチケット!神様に祈る思い・・・いずこも同じ? ウリ王子、とてもお元気そうで嬉しいです。


投稿者 i-mode : 13:30 | コメント (0)

2009年06月22日

岩山美術館滞在中にこのイスに座り、この素敵な漆のテーブルで、ホッと一息、 コーヒーの香りを楽しみながら・・・。 作品のインスピレーションを感じていたのでしょうか?


投稿者 i-mode : 17:49 | コメント (0)

岩手県出身の友人の話では「あぁ、岩山美術館は山の中腹にあり、静かでいいところ ですよ^^」とのこと。今や、世界中に有名になってしまったと知り、驚いていまし た。誕生日が8月30日と一日違いの男性です。もりおか・・・ウリ王子にとって一 番大切な地名になってしまった・・・カゴシッポヨ〜

岩手県出身の友人の話では「あぁ、岩山美術館は山の中腹にあり、静かでいいところ
ですよ^^」とのこと。今や、世界中に有名になってしまったと知り、驚いていまし
た。誕生日が8月30日と一日違いの男性です。もりおか・・・ウリ王子にとって一
番大切な地名になってしまった・・・カゴシッポヨ〜



投稿者 i-mode : 17:49 | コメント (0)

20:41発TOKYO行き 11番線からウリ王子は発った!カチカゴシッポッソヨ〜 ^^ ^
投稿者 i-mode : 17:04 | コメント (0)

素人入門一。福建省武夷山の四大岩茶の中で最も繊細なお茶のイメージだったが、封を切ると、むせ返るような緑茶に近い香りに驚いた。淡い金色、清々しい繊細な甘い香りが鼻に抜ける。だが、お茶の味がしっかりしていて、ほのかに刺激的な味わいが口中に残った、驚いた、これが岩韻といわれるものか。茶葉は金色!若草色に赤い縁取りが浮かび上がってきた。こんなウーロン茶は初めて見た!紅茶は一芯二葉だが、青茶は一芯三葉で摘まれる。菊地和男著「中国茶入門」の写真の通り、白鶏冠茶から完全な形で取り出せた、あぁ感動!二煎入れた後の鮮やかな茶葉の色。明日の朝三煎目を楽しみに、チャルジャ〜今プーアル茶に嵌まっているウリ王子に、是非武夷岩茶を試してほしいなぁ。彼はどこまでも懲りそうで〜気がつけば中国茶研究家になってるかも!笑。
投稿者 i-mode : 02:40 | コメント (0)

2009年06月21日

武夷岩茶の至宝 四大名茶に一気にお目にかかれるとは!何たる光栄!このほど上海の友人の結婚式に招かれて先週帰国した友人が垂涎物のお茶を仕入れてくれたのだ。現地の友人イチ押しの最高の老舗に案内してもらい、武夷四大岩茶らを手に入れたという。北京や上海の友人たちとの交流の中で必然的に中国茶との出会いがあり、自然にその美味しさ、奥深さに益々はまっていってるAKIRAさんだ。あくなき好奇心と向上心を原動力に努力し、独学で中国語をマスターした。友情、人と人の絆を大切にしているAKIRAさんに思いがけない扉が開かれた。大学関係の友人に請われ、勇気を出して北京の大学院の学生たちに講義したところ、学生たちからたくさんの熱いメッセージが届いたのだ。ついに二回、三回と、上海にも飛び講義するまでになったのは驚異的なこと、本当に素晴らしい!彼の流暢な発音の茶名にはとてもついていけないけど、、日本にいながらにして、現地の中国名茶を味わえるという幸せのおすそ分けに、心から感謝せずにはいられない。AKIRAさん、ありがとう〜!ファイティ ン!彼と彼の大切な中国のお友達に、謝謝!!あぁ、ドキドキ、楽しみだわ〜みんなおいでよ♪
投稿者 i-mode : 11:53 | コメント (0)

2009年06月20日

師匠に「とても しあわせでした!」と、目を潤ませた。。。瞳が輝いています。本 当に充実した、一生忘れえぬ、喜びに満ちた日々・・・神様からのプレゼントでした ね。
投稿者 i-mode : 22:27 | コメント (0)

2009年06月18日

やっぱりス・テ・キ!気品溢れる貴公子ですね^^
投稿者 i-mode : 11:22 | コメント (0)

二度と見られない?日焼け止め塗った貴重なお顔^^だわ。逞しい筋肉ですね〜。チ グm 左膝の軟骨、足首はクェンチャナヨ〜?ピラティスはリハビリのためにも・・ ・?完治しますよう祈っています。
投稿者 i-mode : 11:22 | コメント (0)

2009年06月16日

Mieさんからのメール。 素晴らしい!&うれしいです〜〜今、まだ薔薇の花びら選別中、きれいな薔薇がまだ一杯ありますよ。私のも作ってね。本当においしい紅茶に飢えてます。MissPaddintonさん、お姉さまの薔薇のアーチに乾杯!Mie

ブラボー!Mieさん、ノ〜ムコマウォヨ〜NHK紅茶講座から先程帰宅。今日は特別にお願いしていました白木の海を見下ろす高台にあるモノトーンの外観、テキスタイルが温かみのあるオフホワイトに統一されたシンプルなイタリアモダンの内装が素晴らしい、オーボンカールにて、それは幸せなティータイムになり皆さん大感激!心が篭められた手作りのケーキ、マカロン、黒胡麻アイスクリームはいずれも絶品。フランス語で真心〜とネーミングされたのはバティシエールのあべ昌子さん〜素敵な女性。二年前の海辺のアフタヌーンティーで彼女に美味しいクッキーを作って頂き、お客様やスタッフにも大好評でした。今年1月に新居の一階にオープン。私の誕生日に、長年のお菓子教室の弟子のMARIちゃんが師匠のマカロンを プレゼントして下さり、あまりの深い味わいに唸ってしまった、倒れた!大分でパリ仕込みのこんなに美味しいマカロンを頂けるなんて、感動。パリのエディアールのマカロンより繊細。今日はとっておきのダージリン、キャッスルトンの幻のムーンライトを大事な抱え
て〜JEUGIA講座の黒一点の紳士が私の師匠の紅茶研究家、磯淵猛先生の紅茶の旅に参加し、去年の秋3回目にしてついに聖地ダージリンに一歩を踏み入れた際、お土産に手に入れて下さった貴重なもの。他にスリランカのルフナの新茶に 例のJune Rose六月のバラ〜スペシャルブレントも。ボンマリア-ジュ!ムーンライトはワインで言えばロマネコンティに違いない!思わず口をついてしまった。芳醇なマスカットやお花の深い香り、セカンドの最高峰だ。メレンゲのシャルロットケーキとのペアリングひ感動。 マカロンには、Roseの花びらの甘い香り、新茶に数種類のブレンドが時間とともにしっかり変化する味わいがピッタリ!何と
生徒さんたちのお顔が輝いた人気No.1が今朝ブレンドしたこのバラの紅茶でした。紅茶通のあべさんまでこぞって買われてしまった!うん、うん、バラも幸せに違いない。ネッ、Mieさん♪毎週水、木、金の1200〜1700オ-プンしている サロン・ド・テ Au Bon Coerク-ルを敢えて カ-ルと〜響きが明るくなるから?いいですね〜是非今度ご一緒しましょう。





投稿者 i-mode : 20:50 | コメント (0)

ROSE of the Garden in June♪五月に摘んだ薔薇の花びらとスリランカの新茶、中国のキーマンなど5種類で新しいブレンドを〓 バラの甘い香りがふわぁ〜!感動。。。 優しいマイルドな紅茶ができました♪夢見るような水色に思わず感嘆の声が上がって一気に幸せなティータイムになりました。Mieさんが摘んだ薔薇が最高にきれいに仕上がりましたね〜私のバラといっしょにブレンドしました、ありがとう〜!バラに感謝を。 来年もあなたたちに会えるのをキダリケヨ〜♪姉の小さなガーデンに感謝。。


投稿者 i-mode : 11:48 | コメント (0)

2009年06月07日

2009年06月06日

THE FACE SHOP CM 第3弾!本当に不思議な、稀有な魅力を放っているウリ王 子、、年齢不詳です。
投稿者 i-mode : 23:53 | コメント (0)

恥らう一輪の薔薇・・・もう、うっとり〜あぁ、薔薇になりたい!なんて・・・思い は同じですわ。。。
投稿者 i-mode : 23:47 | コメント (0)

Beautiful English Bluebell!親友のyumikoのblogに掲載されたお花。 撮影 木島TIVERS 由美子  青紫の色はプロ泣かせとか〜 London在住のプロカメラマン高橋さんのソフトのおかげで、限りなく本物に近い色 になったそう。 4月〜緑のコッツウォルズの森が、一面ブルーベルの妖精の森に変わる! 4月3日大分で「英国からの贈りもの」木島TIVERS由美子の トークショーを開催した際、英国に咲くブルーベルはスパニッシュが殆どで、イング リッシュはレアな存在、と彼女が語ってくれました。本当に夢見るように美しい 、気品溢れる、可憐なお花ですね〜。来年もまた、ゴールデンウィークから1ケ月間   ヴァージン・アトランティック航空主催 ブルーバッジガイド木島TIVERS由美子と コッツウォルズを散 歩〜イングリシュブルーベルに出会う旅〜が企画されることでしょう。えっ、行って みたい? カチカジャ〜Mieさん、yokoさん、rioちゃん、toshikoさん、Yong Joon ssi オッテ ヨ〜!?(^^;)



投稿者 i-mode : 02:40 | コメント (2)

2009年06月05日

延期された作品展は9月に開催とか。日韓お祭りも9月。
投稿者 i-mode : 15:41 | コメント (0)

2009年06月04日

アフレコ順調〜やっと一話完成、ウリ王子もまずはホッとされたことでしょう。空白 の3年間に興味津々、大いに期待しています。
投稿者 i-mode : 10:19 | コメント (0)

2009年06月02日

真剣な眼差しで漆を塗っているウリ王子。緊張と静寂の中、凄い集中力を感じる。心臓がドキリ!去年の京セラドームに続き、今年もタムドク降臨!
投稿者 i-mode : 21:26 | コメント (0)

2009年06月01日

去年の今頃は京セラドームで再会・・・!ステージカーで一周され、いよいよファイ ナルに。。
投稿者 i-mode : 22:15 | コメント (0)

KTXで目撃情報は本当だったのですね〜お幸せそうなカップル♪可愛い素敵な花嫁 さんですね。新郎はウリ王子と親しいソムリエの方。ワインの師匠でしょうか?「神 の雫」制作のために大いに力を貸して下さってるのでしょうね〜。
投稿者 i-mode : 22:15 | コメント (0)

今日は記念日。太王四神記のプレミアムイベント。タムドクペーハーが降臨!あの瞬 間の感動が甦ってくる。。。肩や膝の痛みを押してまで、、、本当に良くぞ来日して くださいました。感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。ヨンジュンシ、本当にあ りがとう〜〜! そして、今年の再会を心待ちにしていますよ〜!オンジェブト?
投稿者 i-mode : 22:15 | コメント (0)

ペ・ヨンジュンが日本で美術館の名誉館長に ペ・ヨンジュン

 ペ・ヨンジュンが日本の美術館の名誉館長になる。


 ペ・ヨンジュンは最近、岩山漆芸美術館(岩手県盛岡市)の名誉館長に抜てきさ
れ、漆器の素晴らしさや美しさを広め、大衆化を目指す作業を担う予定だ。


 同美術館は、韓国出身の世界的な漆芸家・全龍福(チョン・ヨンボク)氏が館長を
務める漆芸美術館。入館者減少により昨年11月末で閉館していたが、今年8月にペ・
ヨンジュンの作品展示室を新設して再オープンの予定。


 ペ・ヨンジュンの今回の名誉館長就任は、現在韓国の文化を紹介する旅行本『韓国
の美』(仮題)を執筆中のペ・ヨンジュンが今年2月に日本を訪問し、全龍福氏から
漆芸を学んだことがきっけかけとなった。


 当時、さまざまな色合いの漆で絵を描き、仕上げの作業まで直々に教わり、見習い
漆芸家として情熱を見せたペ・ヨンジュンは今後、漆芸の大衆化に積極的に乗り出
す。


 なおペ・ヨンジュンは現在、チェ・ジウとともにアニメ版『冬のソナタ』のアフレ
コ作業を行っている。

チャン・ソユン記者




投稿者 i-mode : 22:15 | コメント (0)